第4の欠損治療方法Human Bridge

従来の欠損治療方法

歯を失ってしまうことは、見た目の問題もありますが、健康への被害も出てくるといわれています。
もちろん健康に保ち続けることが大事ですが、何らかの原因で歯を失う可能性もありますので、
治療方法についてご紹介いたします。


インプラント治療

そもそもインプラントとは体の中に埋め込まれる器具を総称したものです。
近年では、歯の治療方法としてインプラント治療が主流になっており、
一般的な治療の流れは、インプラントを骨の中に埋め込み、インプラントと骨が十分に接着するのを待ってから、
その上部に歯を作成するといった内容になっています。

※図を参照

ブリッジ治療

ブリッジ治療とは、その名の通り橋をかけるように義歯を入れることです。※図を参照
かけられる歯の耐久性の問題や手入れが必要といった条件もありますが

こちらはインプラント治療とは異なり、保険が適用されるものもあります。

入れ歯(義歯)治療

入れ歯と聞くとネガティブなイメージを思い浮かべる方もいらっしゃると思いますが、
入れ歯治療もれっきとした治療方法のひとつです。
保険も適用されますし歯を削る量が少ないといったメリットもあります。
手入れを怠らなければ、問題なく利用できます。

治療法比較

 ヒューマンブリッジインプラントブリッジ入れ歯
歯を削る量極めて少ない無し多い少ない
身体への優しさ
手術無し有り無し無し
耐久性
審美性×
保険適用不可不可
※上記は目安です。使用する素材やお口の中の状況によって異なります。
個別の症例については、医師までおたずねください。

第4の欠損治療方法

ヒューマンブリッジ治療
~入れ歯、ブリッジ、インプラントに続く第4の欠損治療法~
「まだ入れ歯にはしたくない。」「歯をたくさん削るブリッジは困る。」
「インプラント手術が出来ない、怖い。」そんな方にお勧めの治療方法です。

ヒューマンブリッジの特徴

隣り合った歯をほとんど削らない
⇒残った歯に対するダメージを最小限にできます。
無麻酔 痛くない 手術不要
⇒歯をほとんど削らないため、痛くなく、無麻酔で処置できます。インプラント治療のような外科的な手術も不要です。
(症例によっては麻酔が必要な場合もあります)
インプラント治療ができない方に対応
⇒心臓病、高血圧、糖尿病、手術が怖い、他
何らかの事情によりインプラント治療ができない方にもヒューマンブリッジは対応できる場合が多くあります。
取り外す必要がありません
⇒接着剤で固定するため、取り外しの手間が掛かりません。また、固定式のため、噛む機能が高く、外れ落ちにくい
異物感が少ない
⇒基本的に隣り合った歯の噛み合う面は削らないので、装着時の違和感が少ない。
適応する症例条件
⇒少数の歯の欠損に対して幅広く対応することが可能です。
お気軽にご相談ください。

患者さんの喜びの声

・今までは入れ歯を使っていて、取り外しが面倒でしたが、ヒューマンブリッジにして取り外す手間もなく快適です。 男性55歳
・インプラントの手術が怖くてどうしてもインプラントに踏み切れませんでしたが、ヒューマンブリッジを紹介されて、すぐに決めました。 女性42歳
・歯の無い部分の両隣の健康な歯をほとんど削らなかったので、痛くなかったし、健康な歯を残せて良かったと思います。 男性35歳
・入れ歯のバネが見えることと噛みにくさがずっと気になっていましたが、ヒューマンブリッジにして療法が解決しました。 女性63歳
・持病があるため、インプラント治療ができませんでしたが、ヒューマンブリッジなら可能ということを聞いて、これにしました。すごく助かりました。 男性47歳
・最初はインプラントで検討していましたが、治療期間が数か月必要ということで迷っていました。ヒューマンブリッジなら20日程度でできると聞いてヒューマンブリッジに決めました。 女性50歳

和田精密歯研株式会社参照