審美歯科Cosmetic Dentistry

審美歯科治療で自然で美しい口元を

昔は前歯にさえ金属を詰めていました。
でも、現在はただ虫歯を治せば良いという時代ではありません。
虫歯や歯の欠損を治すのは当たり前、如何に自然で美しく治すかが歯科治療の役目と考えています。
また、アレルギーを起こす危険性のある金属素材を使わない、メタルフリー治療を進めています。
皆さんの生活の質(QOL)の向上に役立ちたいと考えています。

黄ばんだ歯を白くする 「ホワイトニング」

ホームホワイトニング・・自宅で治療
歯形に合わせて作った軟らかいマウスピースに薬を入れ、自宅で1日4時間ほど装着します。

3週間ほどで見違えるほど自然な白い歯になります。

上下両方、上下片側でも可能です。
2~3ヶ月ごとに3,4日使うと白さを保つことが出来ます。

オフィスホワイトニング・・クリニックで治療
クリニックにお越し頂いて治療致します。
歯の色素を分解する過酸化水素を主成分とするホワイトニング剤を歯に塗った後、

強い光をあてて薬剤の作用を高め、ホワイトニングをしていきます。
強力なホワイトニング剤を使用するので短期間で歯を白くすることが可能です。

セラミック治療

・メタルセラミックス
最近までセラミック治療はメタルセラミックと言って、金属にセラミックを焼き付けた被せ物が主流でした。

・オールセラミックス
現在では金属を全く使わないオールセラミック治療が主流になってきました。
金属を使わない為、自然の歯に近い色調が再現可能なうえ、金属アレルギーも避けることが出来ます。
特殊なケースを除いて、オールセラミックスなどのメタルフリー治療が定番になって行くでしょう。

ハイブリッドセラミック治療

ハイブリッドセラミックは比較的新しい素材で、プラスティックとセラミックの中間的な素材です。
セラミックより若干軟らかく、弾力があるため噛んだ時の感触が優れています。
ただし、今のところセラミックほど細かい色調調整が出来ないため、奥歯向きと言えます。

 

コンポジットレジン治療

コンポジットレジンは光を当てることで固まる樹脂の一種で、色々な色調が揃っています。
型を採って作る詰め物と違って、虫歯の掃除とコンポジットレジンを詰める大きさの穴があれば詰めることが出来るので、必要最小限の治療(MI治療)に最も適した素材です。
コンポジットレジンには色調の限られ、強度のやや低い保険用製品と、色調の豊富で強度も高い保険外製品があります。
これは、ご希望によって使い分けることが出来ます。